資産運用のテクニック

鍵

最近の投資手法の傾向とは

工業化による経済成長が著しくて、中間層の所得水準も向上している新興国の物件を購入するのが、最近の海外不動産への投資に見られる傾向です。新興国の物件の価格は割安なので、資金が少なくても購入しやすいのが魅力であり、将来的な値上がりも期待できるでしょう。現地には日本語でサポートをしてくれる業者も多いので、海外不動産への投資が初めての個人でも、手ごろな物件を見つけることが可能です。また余裕資金でコンドミニアムなどを購入するのが、海外不動産への投資を行う場合の基本であり、事前にセミナーで知識を身に着けるのが理想的です。販売中のホテルや別荘などを見学できるツアーもあるので、現地ではリゾート気分も味わいながら、投資に最適な物件を選べるでしょう。しかし政治と経済が安定している先進国の物件を選ぶのが、海外不動産への投資を行う場合の基本であり、とりわけ都市部のオフィスビルが好評です。オフィスビルの区分所有権であれば1億円以内で購入することも可能であり、賃料の値上げによって将来的にも家賃収入は増え続けるでしょう。一方で高い利回りを重視している個人投資家が積極的に買っているのは、大都市郊外の1000万円前後の中古一戸建て住宅です。10パーセント以上の利回りが期待できるのが中古一戸建ての魅力であり、入居希望者が多いために満室経営も実現しやすいです。更に先進国は不動産関連の法律も整備されており、仲介業者が各種事務手続きもサポートしてくれるので、個人投資家も安心です。

Copyright© 2018 投資するなら海外不動産がねらい目【熱い注目を集めています】 All Rights Reserved.